ブログ

柚子の種と日本酒の、とろーり手作り化粧水レシピ

ブログ

こんにちは!

いつも読んでくださりありがとうございます。

栃木県那須烏山市「素足でくつろぐアロママッサージサロンmio」 セラピストの大野薫です。

 

 

日に日に、秋が深まってきましたね。

我が家の庭には、鬼柚子と花柚の木があるのですが、

今時期、鬼柚子がたわわに実をつけ、黄緑色から黄色へと色付いてきています。

もちろん無農薬の、ほったらかし栽培(笑)

この時期ならではの「手作り化粧水」

昨年、友人から教わったレシピで早速作ってみました所、

最高〜に、使用感がよくて!

とても嬉しかったので、

みなさまにもシェアしたいなぁと思って書いております♪

 

 

 

材料は、超シンプル・・・。

・柚子の種

・日本酒(できれば飲んでも美味しい、米と米麹だけで作られたものが良いと思います)

以上・・・笑

 

作り方も、超シンプル・・・。

煮沸消毒した容器に柚子の種を入れて、日本酒を注ぎ、1週間〜1ヶ月ほど置いて、完成です!

(この時、柚子の果汁が入りすぎると、とろみが減ります)

 

十分にエキスが抽出できたな〜と思ったら、濾して冷蔵庫保管します。

使った種は、新たに日本酒を継ぎ足し、今度は少し長めに置くことで、半年間ほどは繰り返し使えるそうですよ。

*昨夜漬け込んだもの。もうトロトロしてます。

 

ゆずのタネのぬるぬる成分は「ペクチン」と呼ばれるもの。

血行促進作用、保湿効果があり、

しみ・くすみ・そばかす・ニキビ肌の改善、日焼けや虫刺されに。

抗アレルギー効果もあるためアトピー肌にも。

夏のあせも、オムツかぶれ。鎮痛効果もあるそうです。

また、日本酒の成分に含まれる 「エチルグルコシド」も肌によく、アルコールの刺激を緩和してくれるそうです。

 

 

 

出来上がったトロ〜リ化粧水・・・♡

私は、夜のケアには、そのまま原液で。

パックのように、たっぷりと使用しています。

 

朝のケアには、原液に、美肌効果の期待できる精油を数滴入れ、さらに精製水を加えたものを使用しています。

 

原液:精製水が、1:1もしくは、2:1くらいの割合が、いい感じです♪(目分量)

 

水で割った方は、トロリとしつつもベトベト感がなくて、お気に入り。

ただし、水を入れたものは劣化も早いので、少量ずつ作って1週間以内に使い切るようにします。その際やはり、冷蔵庫保管が安心です。

 

使用前には必ず、二の腕などで1度、パッチテストをしてくださいね。

アルコール過敏症などの方は、

日本酒ではなく、精製水で抽出する方法もあります。

こちらは、抽出期間は1日で、すぐに使えます。ただし、劣化も早いので、少しずつ作ってくださいね。

 

 

手作りの良いところは、

材料がシンプルで、添加物を使わず、安心なところです。

(乳液などを作ろうとすると、手作りするにしても、オイルと水分を乳化させる「乳化剤」という添加物を使うことになりますが)

 

市販のものは、添加物も多いと思います。(大概、ずらっと知らないカタカナが書かれていて・・・よく分からずに使っているのでは?)

 

 

私の普段のフェイシャルケアは・・・

洗顔後、まずは ホホバオイルを使って「セルフ・フェイシャルマッサージ」をして

そのあとは、柚子の種の化粧水だけ。

 

血流が良くなり、ポカポカと温かくなった肌の上で、

オイルと水分とが、自然に乳化されます。

 

*子どもと一緒に♪ 惜しみなく。

 

高い美容液を外からせっせと与えるよりも・・・

 

質の良い血液を、細胞の隅々まで届けてあげること。

余分な老廃物や水分はリンパ節に流してあげること。

こり固まりがほぐれて来ると、表情も柔らかく豊かになっていき、

よく筋肉を使うようになるので、

さらにすっきりとしたお顔になっていくという、自然の好循環も生まれます。

 

 

継続可能なシンプル・ケアを、コツコツ続けて行きたいですね❤️

 

この時期だけの贅沢な手作り化粧水・・・どうぞ、お試しあれ✨

 

*皮は、柚子胡椒・・・果汁はストレートジュースで頂きました♪

捨てるところがない!

 

セラピスト 大野薫

< 2 3 4 5 6 >